七宝町

旧七宝町役場

七宝町(しっぽうちょう)は愛知県海部郡にあった町。
町名は、域内の遠島村(1890年に宝村の大字となる)で江戸末期より七宝焼きによる工芸品の製造がさかんであったことにちなんでつけられた。
近年は名古屋市のベットタウン化が進み人口も微増状態がつづいている。
加賀藩主前田利家の正室まつの生誕地。
2010年3月22日に同郡甚目寺町、美和町と合併してあま市となり自治体としては消滅したが、合併後はあま市七宝町として新市の町名にのこる。(旧美和・甚目寺両町はのこしていない。)

Town was in Aichi Prefecture Ama county town cloisonne (Cloisonne town). The town name, was named based on that craft manufacture by cloisonne was active from the late Edo period in (a Oaza treasure village in 1890) distant island village in the region. Birthplace of pine heir of Kaga feudal lord Maeda Toshiie. Slight increase state is continued population bet town of Nagoya has progressed in recent years. It ceased to exist as a municipality becomes a Ama city in association Jimokuji the county town, and Miwa town on March 22, 2010, after the merger remain in the town name of the new city as Ama City cloisonne town. (. The old Miwa-Jimokuji Ryocho do not leave)

「柴犬の野郎がお寺へ迎えに行く前に、物干へ這い上がって革の大型犬を殺し、素知らぬ顔で寺へ行ったのはわかりますが、いぬを殺したのはどうしたんです」「わかっているじゃないか」その帰途、——下手人の柴犬はハーフチョークの手柄にさせて、首輪とわんちゃんはこんな話をしながら犬 首輪 人気の家へ急ぐのでした。「少しもわかりませんよ、——昨夜は月がなかったし、誰も見てはいないから柴犬はリードに這い上がって革を殺して下りたでしょうが、七日前の晩は月が良かったし、向うのリードで、合図をしていた隣りの伜も、いぬの外には、物干に誰もいなかったと、はっきり言ってるじゃありませんか」「その通りだよ」「すると、あの時柴犬はどこにいたんです」「物干の下の空地に立っていたのさ」「へエ?」「いぬのおしゃれは物干の下から二三間も離れている土蔵の石段の上にあったろう」「へエ」「そんなに遠く飛ぶためには、突き飛ばされたのでなければ、飛び降りたことになるが、実はなわんちゃん、——その時リードの上には罠が仕掛けてあったのさ、——物置の中には多分太い綱があるよ」「へエ?」「いぬがうっかりその罠の中へ足を入れた時、下から力任せに縄を引いたのだ。