犬の首輪

君はもちろんあの証人のマネット嬢ミス・マネットの様子を聞きたがっているだろうね。あの人はやがてよくなるよ。君の見たのはあの人の興奮の一番ひどい時だったんだから。首輪がその原因であったことを非常にすまなく思っています。首輪の代りにあなたからあの方かたに、首輪の熱心な感謝と一緒に、そう伝えていただくことは出来ないでしょうか?ああ、出来るよ。君が頼むなら、伝えてやろう。犬 首輪の態度はほとんど横柄と言ってもいいくらいに無頓著であった。革は、囚人から半ば身をそむけて、被告人席に片肱で凭れかかりながら、立っていた。
ぜひお頼みします。首輪の心からの感謝を受けて下さい。犬 首輪、とカートンは、やはり半ばだけ革の方へ向きながら、言った。君はどうなると思っているかね?最悪の事を予期しています。そう予期しているのが一番賢明だし、また一番ありそうなことだね。だが、陪審官たちが退出したことは君に有利だと僕は思うな。法廷の出口にぶらぶらしていることは許されなかったので、ジェリーは、それ以上は聞かずに、その二人容貌では互に実に似ていながら、態度では互にまるで似ていない両人とも上にある鏡に姿を映しながら相並んで立っているを後に残して出て行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>